最近では、女性も男性並みに働き、収入を得る時代になってきました。

私(30歳、女性)も大学に入るまではなんとなく就職して、
少し働いたら結婚して、子育てしながら
パートでもして?…とぼんやり考えていたのです。

社会に出て色んな人と出会い、働く楽しさを覚えてからは、
生涯を通じて続けられるような仕事をしたいな?と思うようになりました。

とは言え、転職活動は甘いものではありません。
特に女性の20代後半で子供がいるとなると、
採用する側も色々と探りを入れてきます。

面接で「今、再婚を考えている人はいますか?」
「3年後も今と変わらない条件で働けると約束できますか?」など、

そんなストレートに聞くか!とビックリするような質問もされました。
妙齢の女性を採用するのは、企業側も賭けですからね。

コストをかけて採用した社員が、仕事を覚えた頃に結婚、出産で退職ともなれば
また新しい人材を雇わなくてはならず、時間もお金もかかるからです。

もちろん女性側も、今後結婚や出産をしたいと考えていれば、
様々なライフイベントがあっても働き続けられる環境か見極める必要があります。

20代後半になってから、新しい仕事を覚えたり、
知らない人ばかりの中で働くのは相当のストレスですからね。

20代後半の子供のいる女性の転職は、
自分の今後のライフプランをきちんと見据えた上で行わなければなりません。

今の職場でお給料が発生しているうちに、
きちんとプランを立てるのが必要です。

仕事探しの参考サイトはこちら⇒ 子供がいても働ける

関連記事


    わたしは、大阪出身です。 夫の仕事の関係で東京に引っ越してきました。 今いるところは、東京の八王子市です。 いままで、関西に生まれてからずっと過ごしてきたので 関東のことはよくわかりません。 引っ越し…


    母子家庭だといろいろ事情があって 正社員の求人欄を見ないことがあります。 もちろん母子家庭ともなると生活は潤っていないというか お金に余裕がないわけだから正社員で働きたい気持ちは強いです。 仕事お探し…