日本では、婚姻する場合と同様に、夫婦お互いの合意があれば、いつでも離婚できます。
離婚する方法は民法に定められおり、夫婦の合意に基づいて離婚する協議離婚のほかに、夫婦間で離婚に関して合意が調わないときには、家庭裁判所を利用する調停離婚や裁判離婚などが行なわれます。
ただし、離婚の約9割は協議離婚を占めており、それ以外のケースは約1割に過ぎません。
夫婦間で話し合いがまとまらない場合、あるいは相手方が話し合いに応じないときは、裁判所に調停を申し立てます。
調停をとばして、一気に訴訟(裁判を起こすこと)はできません。
調停では、裁判官と調停委員が第三者として間に入り話し合いを進め、そこで合意できれば調停離婚が成立します。
調停でも離婚の合意ができなければ裁判に進むことになります。
そして、ここで離婚の判決が下された場合は判決(裁判)離婚となります。
以上のほかにも、調停がまとまらず裁判所が審判をくだす審判離婚や、裁判の途中で離婚を求められた側が離婚を認める認諾離婚、裁判で和解した場合の和解離婚といったケースもありますが、それらはいずれもレアケースです。
スムーズに離婚するためにはやはり、当事者間で上手に対処して、協議離婚を成立させるのが賢明でしょう。

⇊くわしくはこちら⇊
離婚方法

関連記事

    None Found