顔に髭が生えるのは、人が生きている限り行われる生理現象です。
髭というと男性に生えるイメージがありますが、
濃い薄いはともかく、実は女性にも髭が生えます。
そもそも髭の濃さ・薄さは、毛が生える密度と毛の太さで決まります。
そして、そこには遺伝、言い換えると体質が少なからず関係しています。
さらに、髭が生え始めて毎日処理するようになると、
段々その濃さが増してくることもあります。
これは、髭に限らず人の体毛は本来、肌を防御するために生えているものなので、
シェービングによる刺激が要因となって、髭の密度や太さが増すと考えられます。
さらに、体内のホルモンバランスが崩れることでも髭が濃くなることがあります。
人には性別を問わず、男性ホルモンと女性ホルモンが備わっていて、
男性は男性なり、女性は女性なりのバランスが取られています。
しかし、何らかの理由で、ホルモンバランスが崩れると、
髭が濃くなったり髪が薄くなることの要因になるのです。
たとえば、喫煙はホルモンバランスを損なう一因とされています。
なので、髭が濃い悩みを持つ人が喫煙しているなら、
タバコをやめることで髭が濃くなる要因をひとつ減らすことができます。
もちろん、ホルモンバランスを崩す要因はタバコ以外にも複数あるため、
禁煙に合わせて日ごろの生活習慣全般を見直すことが大切です。

気になる方:禁煙 髭 薄くなる

関連記事