実際にゴルフスイングを覚えるにあたって、最低限の基本を今回はご伝授したいと思います。
練習場で球をお打ちになってて周りをご覧になったときに、
千差万別いろんなスイングをなさっている方がいると思うんです。
なぜあのようにただ真っ直ぐ遠くへ飛ばすだけで
いろんな打ち方が発生してしまうかと言うと、まずひとつ大きな誤解があるんです。
まず練習場に来てやっぱりパーンと気持ちよく飛んで上がって球、
それをやはり打ちたいと目指してらっしゃるんですが、
その球を上げる構造を理解してない。
それによって結果的にスイングがおかしくなってしまう傾向があるんです。
で、どのように考えているかというと大抵の方は
クラブのロフトと言われる角度をうまくキープしながら球をすくい上げようとする。
イメージとしてボールをそのままヘッドの角度で上手くすくって球を浮かしていく。
そういうふうに思っていらっしゃる方が非常に多いんです。
実際には球が上がる構造というのは
ロフトと言われる角度でボールは上がっていくんですが、
下から入ってきてすくい上げる動きではなく、
クラブがある程度上から入ってきてまずボールに当たります。
そしてボールはクラブが下に入っていく動きで、
そのときに発生するスピンによって球が上がっていく。
これが実は本当の球の飛び方なんです。
ですからクラブを動かして球を上げるためには
実は感覚的にボールを上げるような動きを取ってしまうと
このようなクラブの入り方が起こりません。

もっと詳しく知りたい方は➡ドライバー 飛ばす ショット
ドライバーを使ってボールをうまく飛ばすショットを紹介しています。

関連記事


    オンラインゲームにハマる人って結構いますよね。 私も昔にハマっていたので分かるんですけど、ハマる一番の理由としてはやっぱり、生の人間とチャットを介して同じ時間を共有で出来る、これに尽きると思うんです…


    まずは、クリック☛ 一般に占いと言われるものを分類すると、その当たる原理から2つに分けられます。 1つは、シンクロニシティです。 この世の現象は、全て潜在意識の深い部分=集合意識・・・つまり宇宙とつな…