外壁塗装におけるサイディングには、種類があります。
金属系のものから、窯業系のものなどが存在しています。
それぞれ、期待できる機能や価格も違います。
また、機能がアップすることにより、価格もアップしていきます。
後々メンテナンスする必要があるため、それを踏まえてサイディングを比較すると良いと思います。
ヒビなどが入った場合、タイルやモルタルなどある中、最近ではサイディングがトレンドとなっています。
サイディングは、外壁塗装の場合他の塗装材に比べて耐久性や断熱性、デザイン性などが優れており地震にも強いです。
さらに、一番の特徴はやはり施工自体が楽な上に、価格が低価格だということです。
先程も言いましたが、サイディングにも、金属系と窯業系があります。
金属系は、独特な光沢がありオシャレさを演出してくれます。
このタイプは、非常に高い断熱性が特徴となっています。
また、窯業系と比較していっても非常に軽いため、建物への負荷が少なくなっています。
また、窯業系はセメントなどを釜で焼いたタイルなどの風合いを出せます。
厚みがあるほど強くなり、防音効果も高くなるため、その分価格も上がっていきます。
また、厚みのあるサイディングの場合、金具止めになるため、施工自体も価格が上がってきます。
このように、サイディングにも種類があり種類や強さなどにより、価格が変わってきます。
参考:サイディング 種類 価格

関連記事