多汗症というものを知っていますか?単なる汗っかきと思われがちですし、名前からして汗を多くかいてしまう病気だということがみてとれます。
汗をたくさんかくからなんだと言われればそれまでですが、多汗症の人にとっては由々しき事態です。
人前にでることが苦痛になってしまうといった精神的に辛い思いをしてしまうのです。
多汗症の治療は皮膚科で行います。主な治療はアルミニウムを含む軟膏を皮膚の汗が気になる部分に塗り、イメージとしては汗が出る汗腺と呼ばれる部分に蓋をして出にくくします。
また、イオンフォレーシスといって手や足の裏に汗を多くかく人が対象になりますが水道水に電流を流して汗腺自体を縮小させるものもあります。
ほかにもボツリヌス菌を注射して汗を出す指令をブロックするものや汗腺そのものを手術によって切除するものがあります。
どの方法を選ぶか、選択する方法にも保険適応になるものならないもの、効果が長続きするものしないものと様々です。
一長一短があるものなので、多汗症を治したい場合は医療機関である皮膚科を受診してしっかりと説明を聞き、自分が納得したうえで選択されることをおすすめします。
近くの皮膚科でそもそも多汗症の治療が行われているかはインターネット等で検索されてから予約をとるようにしてください。

多汗症について、私が参考にしたのはこちらです⇒多汗症 治療

関連記事

    None Found